三月中旬となり、だいぶ春めいてきました。
日中は暖かい日も多くなってきましたね。このような時季になると気になってくるのが薄手のコートです。本日は、おすすめのコートをいくつかご紹介させていただきます。

 






COMOLI
ストームコート
リネン起毛 ドローストリングパンツ
AURALEE
Super Light Check Big Pullover
NEEDLES×TROENTORP
Swedish Clog – Plain Toe / Bit

まずは【COMOLI】のストームコート。デザインとしては昔のイギリスの古着などでよくある形なのですが、80年代を感じさせるピーチスキンの生地で作られることで、ありそうでない雰囲気のコートに仕上がっています。
春らしく、シャツなどの上にガバっと羽織るのがおすすめ。フードが襟に収納されているので、小雨が降っても傘を差さずフードを被り、雨をしのぎ、ガシガシ着倒していくのがいいと思います。

 

 





ARC’TERYX VEILANCE
Monitor Coat / [15641]
WISLOM
RAMS 2.0 (WORK JK) – ROBE (SUPER FINE WOOL)
CHARLES (UTILITY TROUSERS) – ROBE (SUPER FINE WOOL)
COMOLI
ボーダー ボートネック

続いては【ARC’TERYX VEILANCE】のMonitor Coat。こちらのシェルには、高い機能を誇る”3層 GORE-TEXR Pro” が採用されています。防水耐久性、防風性、透湿性に優れたこのファブリクスは、高い耐摩耗性と丈夫さを併せ持ち、悪天候のなかや厳しい環境下においても身を守り、快適性を維持することが出来ます。
Monitor Coatの綺麗なシルエットは、カジュアルなアイテムとしてはもちろん、スーツなどの上に着用することも出来るので、ビジネスのシーンも対応できるのも魅力の一つです。
“3層 GORE-TEXR Pro”の様な、高い機能性を誇る最新のファブリックを駆使しながら、とてもミニマルで都会的なデザインであるARC’TERYX VEILANCEのアイテム、一年を通して何かと活躍する場面が多いと思います、一着持っておくと便利ですよ。

 

 






AURALEE
Silk Taffeta Hooded Coat – Water Repellent
Stand-Up Tee
TUKI
BIG SHORTS – High Count Denim

続きまして【AURALEE】のオーバーサイズフードコート。着た時の馴染みが良い、綺麗なシルエットです。
生地はシャリ感のある、化繊に似せた表情ですが、タテ糸、ヨコ糸共に、先染め細番手の絹生糸を使用し、高密度に織り上げられたシルクタフタの生地を使用しています。化繊などでは出ない、シルクならではの光沢と落ち感が、このコートを上品な印象に仕上げています。
ショーツにも合わせれる程よい着丈で、超撥水加工を施し水もはじくので、今の時季から蒸し暑い梅雨時期までも、長い期間着用できるアウターとして最適です。

 

 





NICHOLAS DALEY
Factory Coat – Patchwork Indian Madras with British Wax Cotton
AURALEE
High Count Ramie Band Collar Shirt
TUKI
Work Pants – Katsuraghi Drill
NEEDLES×TROENTORP
Swedish Clog – Plain Toe / Bit

最後は、【NICHOLAS DALEY】のFactory Coat。”MADRAS”をテーマに掲げている今回のコレクションの顔ともいえる、パッチワークマドラスをベースに、要所要所にワックスコットンのディティールが施されています。
クラッシックで伝統的な素材を使用しながらも、モダンかつモードな雰囲気も感じさせる、NICHOLAS DALEYらしさが表現された一着になっています。

 

四季が存在する日本で暮らしているのであれば、春夏秋冬それぞれの季節に合った、おしゃれを楽しみたいものですね。おすすめのコート、是非試しにいらしてください。

 

シバタ

 

Posted by:higashisakura

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA